有機過酸化物のご紹介

有機過酸化物とは?

下記の一般式で示され、分子内に酸素- 酸素(- O - O -)結合を
少なくとも1個持っている有機化合物の総称


R1- O- O- R2


ある種の有機化合物は空気中の酸素により酸化され、有機過酸化物を形成する場合が多々あり、我々の周りにはかなりの種類の有機過酸化物が存在しています。
例えば油絵で使う乾性油が固化するのは、空気中の酸素と反応し、過酸化物が形成され、これが油の分子間に橋架け反応を起こすためですし、多くのプラスチックが脆くなったり、ぼろぼろになったりするのも、過酸化物が形成され、その分解反応により引き起こされる場合が多いことも分かっております。
ただし、本ホームページでは、有機過酸化物のうち工業的に製造され利用されている特定の有機過酸化物だけを対象としております。

有機過酸化物の特性は、ひとえにこの酸素−酸素結合(過酸化結合)に起因します。この過酸化結合を有するため、有機過酸化物は以下の共通する特性をもっています。

熱に敏感である。
  分解時に熱を発生する。
  分解により遊離基(フリーラジカル)を発生する。
  コンタミに敏感である。
  分解時にはガス(分解生成物)を発生し、ミストを形成する場合がある。
  (特定の構造のものだけですが)酸化作用を有する。


有機過酸化物の歴史


有機過酸化物の利用が始まったのは比較的古く、1800年代、小麦粉の漂白剤としてベンゾイルパーオキサイド(BPO)が使われだしたのが始まりです。
その後1900年代に入り研究開発が進み、特に1930年代に合成高分子が重要な化学産業の1つとして脚光を浴びるようになりました。効率的な有機過酸化物重合開始剤に対する要求が高まり、活発な研究開発が行われるようになり、現在に至っております。
また、有機過酸化物の危険性に対する評価技術の開発も精力的に進められ、飛躍的に向上しました。国連の専門部会(日本もその一員)で、危険物の輸送に関し、危険性評価の標準化・危険分類・輸送のための細目等について討議され、危険物輸送に関する国連勧告(オレンジブック)という形でとりまとめられています。有機過酸化物についても詳細にわたり勧告がなされており、各国では国連勧告に基づいた法規制が進んでおります。
日本でも、危険物の航空・海上輸送取り扱いについては、国際間にまたがるケースが多いこともあり、国連勧告、またそれに基づく国際機関(IMO・IATA・ICAO等)の技術基準を全面的に取り入れております。一方、陸上輸送に関しては、それぞれの国内環境・事情・歴史背景もあり、各国独自の規定によるケースがあります。
日本での国内陸上輸送・取り扱いに関しては、有機過酸化物は主に消防法によって規制されています。消防法の場合、危険物の規定は、可燃物を対象としており、国連勧告の危険物分類とは定義が異なること、消防法は輸送取り扱いだけでなく、製造,貯蔵も含む全体にわたった規定という事もあり、上記の国連勧告との相違も多々見られますが、一部、整合性が取れるよう規則の改正も行われてきています。

 

Copyright © 2009 JAPAN ORGANIC PEROXIDE ASSOCIATION. All Rights Reserved.