20.3.3 試験方法の適用
20.3.3.1 
安全のため、先ず少量のサンプルで評価可能な試験を行うのが通常です。
20.3.3.2 衝撃および摩擦に対する感度の評価には、危険物1(火薬類)の評価に用いられる「テストシリーズ3」のいずれかで行う。
   ・ 衝撃に対する感度(BAM落鎚試験他)。
   ・ 摩擦に対する感度(BAM摩擦試験他)。
20.3.3.3 熱安定性および発熱分解エネルギーは、適切な熱量測定技術、例えば示差走査熱量計、断熱法等により評価できる。これらの技術を使う際には、以下のいくつかの撹乱要因に注意を払う必要がある。
   ・ 混合物のサンプリングおよび試験の場合。   
   ・ 試料ケースの材質も結果に影響を及ぼす場合がある。
   ・ 発熱直前の吸熱がある場合。
   ・ サンプル構成成分の揮発(通常は密封容器を使用)。
   ・ 空気が存在すると測定された分解エネルギーが大きく変わり得る。 
   ・ 反応成分と製品全体の比熱に大きな差がある場合。 
   ・ DSCを使用する場合の昇温速度(通常2−5K/min)。
DSCを使用する場合、発熱開始温度はピーク開始の最大傾斜点での接線とベースラインとの交点と定義されている。
20.3.3.4 着火の影響の評価については、開放状態あるいはわずかな密封状態で物質が激しい分解を示すかどうかを明確に判別できる方法であれば、どのような試験法でも良い。

20.4 分類手順
20.4.1 総則
20.4.1.1 
自己反応性物質ならびに有機過酸化物の分類のための原則が各々20.4.2と20.4.3に示されている(Model Regulationの2.4.2.3.3、および2.5.3.3も参照の事)。分類のための全体スキーム(フローチャート)は、図20.1に示されている。自己反応性物質ならびに有機過酸化物は、その危険度に基づいて7つのグループに分類される。それぞれがどのグループに属するかを決定するためにフローチャート内のボックスに示されている特性、および分類の基本原則で要求されているその他の要求項目について、測定しなければならない。グループはタイプA(評価された荷姿での輸送は禁止)からタイプG(自己反応性物質あるいは有機過酸化物に対する規制から除外されるもの)までの7つ。タイプBからFまでに分類されたものが、1個の容器に収納が認められる最大数量と直接関係してくる。
20.4.1.2 
自己反応性物質及び有機過酸化物は、実験室での組成物の評価で、爆轟、爆燃の急速伝播を示す、あるいは密封加熱下での分解による影響が激しい場合は、爆発性を有すると考えるべきである。
20.4.1.3 自己促進分解温度(SADT)とは輸送に際し、輸送される時の荷姿で自己促進分解を起こし得る最低の環境温度と定義されている(Model Regulationの2.5.3.4参照の事)。SADTは以下の規定に該当するか否かを判断するために測定しなければならない。
   a) その物質は輸送中、温度管理が必要か。
   b) その物質はタイプGに対する特別規定に当てはまるか。
20.4.1.4 場合によってはその物質の形状がModel Regulation 1.21に示される「液体」の規定に当てはまるかどうかの測定も必要である。
20.4.1.5 
ある物質を、適切な包括品名エントリーに割り当てるためには、「タイプ」、「形状」、ならびに「温度管理の必要有無」の決定が必要である。
20.4.3 有機過酸化物の分類へつづく
 

Copyright © 2009 JAPAN ORGANIC PEROXIDE ASSOCIATION. All Rights Reserved.