2.速い燃焼速度

有機過酸化物組成物の燃焼速度は、過酸化結合をもたない類似の化合物に比べ、はるかに高速です。これは燃焼している炎からの伝播熱に加えて、過酸化結合の分解で発生する熱が燃焼中の有機過酸化物に供給されるためです。

3.燃焼の促進
有機過酸化物組成物の特徴的性質ですが、ほとんどの有機過酸化物は
沸点以下の温度で急速分解を起こす。
分解によって発生する熱を吸収してしまうような組成物にはなっていない。
そのような有機過酸化物組成物が燃焼しますと、当然ながら組成物の温度は上昇します。2項に記載されていますように、この温度が急速分解を引き起こす温度に達すると、内部で発生した分解熱が有機過酸化物組成物の温度を急速に上昇させ、燃焼速度を加速する事になり、より大きな熱が燃焼面に伝播される事になります。このようにして温度はさらに上がり、これがまた分解を促進し熱を発生させ、燃焼速度をさらに加速させる事になります。

4.火炎温度の上昇

有機過酸化物の急速分解が起こる温度が、その有機過酸化物の沸点より高い場合、分解と発生熱の放散は火炎中で起こるため、結果的に火炎の温度を上げる事になります。

5.異物との接触による分解
有機過酸化物は熱による分解の他に、ある種の異物との接触による誘発分解を起こす場合があります。誘発分解を起こすものとしては、促進剤、アミン類、金属イオン、強酸と強塩基、還元剤、酸化剤およびある種の金属が挙げられます。異物混入あるいは異物との接触による分解を起こし易いかどうかは有機過酸化物の種類や組成によって様々です。例えば、過酸化結合として―OOHを持つような有機過酸化物は異物に対し非常に敏感に反応します。分解の形はラジカル型分解と、イオン型分解の両方があります。

6.分解中の自動着火

有機過酸化物は、その分子内にもつ過酸化結合のところで容易に開裂し、2個のフリーラジカルとなります。このラジカル生成が、有機過酸化物の優れた特性ですが、逆に分解中に高活性なフリーラジカルが存在するという事になりますので、特にガス相、あるいはミスト相の中に存在する場合は、過酸化結合を持たない類似の化合物に比べて、より低い温度でも自動着火を起こすことになります。

7.分解反応中の可燃性ガスやミストの発生
ある種の有機過酸化物組成物は、特に急速に分解している場合、大量のガスやミストを発生させます。発生ガスのすべてが可燃性というわけではありません。これらのガスは酸素含有量も低く、炭酸ガスを含んだものです。しかし、可燃性ガスやミストが発生されるという事は、常に火災や爆発の可能性があると言うことです。

8.酸化性

ほとんどの有機過酸化物は還元剤に対しては、弱いながらも酸化性を示しますが、中には有機酸やハイドロパーオキサイドのように、強い酸化性を示すものも有ります。

 

Copyright © 2009 JAPAN ORGANIC PEROXIDE ASSOCIATION. All Rights Reserved.