2)異物管理
異物が混入すると、急速分解が起こり、温度管理を怠った場合に発生する諸問題と同様の問題を引き起こす場合があります。異物による誘発分解に対する、有機過酸化物の感度は、有機過酸化物のタイプによって様々であり、また、異物の種類によっても大きく変わります。異物混入は暴走分解による事故の最大の原因であり、特に、有機過酸化物の使用中によく起こっています。
異物に対して特に敏感なのが以下のタイプの有機過酸化物です。
ケトンパーオキサイド
  ハイドロパーオキサイド
  パーオキシケタール
  ジアシルパーオキサイド
異物の中でも特に問題を引き起こすのが、コバルト塩や、他の促進剤、促進助剤のようなレドックス反応剤です。他に各種金属イオンや、高濃度の硫酸等も同様です。
強い酸化剤や還元剤もまた、分解を起こさせる場合があります。
小分けした使用残りの有機過酸化物を元の容器に戻す事は、異物による分解を起こす大きな原因の1つです。絶対戻してはなりません。
徹底的にきれいに洗浄した装置を使用する事、有機過酸化物と接触すると思われるすべてのものについて事前に問題ないか確認する事、特にポンプ等の装置を使用する場合は念を入れて確認して下さい。
購入した有機過酸化物を自分のところで希釈して使用する場合、希釈剤の種類およびそれに含まれる不純物に十分な注意を払う必要があります。
反応性希釈剤(樹脂やモノマー等)を使用する場合は、原則として樹脂やモノマーの中に有機過酸化物を入れるようにして下さい。逆に、有機過酸化物に樹脂やモノマーを入れてはなりません。また、有機過酸化物を、加熱した希釈剤、あるいは加熱した容器に入れてはなりません。
スチレンのような反応性物質を希釈剤として使用する場合は、温度管理を行い、発生する重合熱を除去するための冷却装置をつける必要があります。
好ましい希釈剤としては、可塑剤あるいは不活性溶剤があります。これらのものは、希釈による活性の低下効果、あるいはエネルギーの吸収剤として働くためです。また、場合によっては連鎖移動剤として働き、有機過酸化物の分解の連鎖反応をおだやかに停止させる働きをします。
また、前述しましたように,固体の有機過酸化物を溶剤等で希釈して使用する場合は,安定性が低下するということを考慮しなければなりません。

3)密封度の管理
有機過酸化物の密閉度を上げない方法として、ベント装置を使用してください。
有機過酸化物の取り扱い、使用にあたっては別容器、ポンプ、輸送配管等を使用しなければならないケースが多々発生します。
有機過酸化物を希釈して使用する事ができず、また、装置がより密封性が高いケースの場合は、数量を最小にすること。さらにまた、有機過酸化物の分解ガスによる圧力上昇を防ぐための充分な能力の圧抜き装置を取り付けねばなりません。
防御用の装置、器具等も必要となります。

 

Copyright © 2009 JAPAN ORGANIC PEROXIDE ASSOCIATION. All Rights Reserved.