4.防火/消火

火災を考える場合、温度管理ミス、コンタミ等による有機過酸化物の分解発火だけではなく、周囲の火災による延焼も考えておかねばなりません。適切な貯蔵ならびに予防設備によって有機過酸化物の分解、火災による周囲への影響を抑えることができます。
貯蔵に関しては、消防法(危険物の規制に関する政令・規則)で定められています。厳守して下さい。基本的には、
有機過酸化物を他の可燃物から隔離して貯蔵すること。
  周囲の建物から一定距離以上離れた貯蔵所に貯蔵すること。
  消火設備を設置すること。
  直射日光の射さない冷暗所に貯蔵すること。
  周りに熱源・火気・スパーク源がないこと。
  周囲の電気機器類は防爆仕様であること。
  液漏れを防ぐ為、逆積み・横積みをしないこと。
  周辺で火災が発生した場合、有機過酸化物への延焼を防ぐ為、また火災の熱による有機過酸化物の分解を防ぐ為に、有機過酸化物貯蔵所・コンテナー等に散水し、有機過酸化物の温度上昇を防ぐこと。
消火には通常水が使用されます。但し水の消火効果はそれぞれの有機過酸化物組成物によって変わってきます。水より比重の重い有機過酸化物に対しては、最も効果的です。水は火災が起こっているその場所だけではなく、周りを含めて全体を冷却することができるからです。
消火ホースを使用する場合は、スプレーもしくは霧雨状にすると鎮火を早めます。  
液状泡消火は水単独の場合より適切な場合があります。非常に特殊なケースとして粉末消火が良い場合もありますが、温度が下がらないと再発火する可能性がありますので鎮火後、必ず水を掛け冷却して下さい。
小型消火器で消火するのは少量で比較的低活性な有機過酸化物の場合の火災のみに限ります。離れた安全な場所からの大量散水による消火が基本です。

5.衛生上の注意
他の化学物質と同様に、有機過酸化物も皮膚に付いたり、目に入ったりしないような対策が必要です。作業に当っては必ず保護用のメガネ、手袋を着用すること、また、作業衣も長袖のものを着て、皮膚が露出しないようにして下さい。

1)皮膚に付いた場合
直ぐに石鹸と水で洗い流して下さい。痛みや痒みを感じ付着したことが後で判った場合も、同様に洗浄し、患部に副腎皮質ホルモン軟膏等を塗布して下さい。

2)目に入った場合
直ちに多量の流水で15分以上洗眼した後、医師の治療を受けて下さい。特にハイドロパーオキサイドやケトンパーオキサイドは刺激性が強く、直ちに処置をしないと失明する可能性があります。

3)誤って飲み込んだ場合
大量の水あるいはミルクを飲ませ、医師の治療を受けて下さい。また、無理に吐き出させないで下さい。

6.その他の注意事項
1) ある種の有機過酸化物は衝撃・摩擦に敏感なものがあります。取り扱う場合は丁寧に扱い、衝撃・摩擦を与えることのないようにして下さい。
2) 有機過酸化物を小分けする場合は、ガラス・ポリエチレン容器を使用して下さい。他の用途に使用した容器を流用してはなりません。
3) 使用後の空容器は、できるだけ早めに水洗いして保管するようにして下さい。
 

Copyright © 2009 JAPAN ORGANIC PEROXIDE ASSOCIATION. All Rights Reserved.