有機過酸化物工業でよく使用される用語

●活性酸素量(A.O)
有機過酸化物中の過酸化結合の濃度を示すもので、その有機過酸化物から生成するフリーラジカルの数量を示す指針となります。又、その商品の濃度や、純度の計算に使用されます。

活性酸素量(%) =
過酸化結合の数×16
×純度(%)
分子量

●半減期

有機過酸化物の濃度が初期の半分に減ずるまでの時間を言います。有機過酸化物がほぼ完全分解するには半減期の7〜8倍かかることになります。半減期に関して、最も頻繁に使用されるのが1時間又は10時間半減期温度(半減期が1時間又は10時間になる温度)で、有機過酸化物を使用する場合の選択の判断基準となります。

●SADT(自己促進分解温度)
有機過酸化物は分解速度が速いか遅いかの違いはあっても、どんな温度でも分解は進みます。 分解は発熱反応です。温度が低い程分解は遅くなりますので、分解による発熱量も小さくなり、熱は外部に放出されますので、有機過酸化物の温度が上がる事はありません。しかし、温度が高くなればなる程分解速度も上昇する為、発熱量は大きくなります。この結果、発熱した熱が外部に放散しきれず有機過酸化物自身の温度を上昇させるという現象が生じます。この結果、分解速度は上がり発熱量も大きくなる―自己促進分解―という現象が生じ、ついには爆走してしまいます。この温度をSADTと呼びます。あくまで、熱の放散/蓄積のバランスの問題ですので、過酸化物の量が大きかったり、或いは断熱し易い容器に入れ替えたりすると蓄熱し易くなります。会員各社の技術資料に示してあるSADTの温度はあくまでメーカーから出荷された包装形態での値ですので、詰替え、或いはタンク貯蔵した場合にはSADT値は変わってきますので注意が必要です。

●最高輸送温度と貯蔵温度
有機過酸化物は温度に敏感であり、高温になる程分解速度が速くなり爆発的分解に至ります。この為、安全上の理由から輸送温度の上限が決められています。輸送時間はある限定された短時間のことであり、あくまで安全上の問題から決められているものです。 一方、貯蔵の場合、輸送に比べ期間が長くなり、安全上の問題はありませんが、有機過酸化物はどんな温度でも分解を起こしていますので、純度低下、品質劣化という問題が起こります。貯蔵温度は品質を考慮して(あくまで保証期間内という前提ですが)決められている温度です。

●非常温度
最高輸送温度とSADTの間に非常温度が設定されています。非常温度になった場合は、安全を確保する為、速やかに何らかの処置、対策を取らねばならないという温度です。

SADT
最高輸送温度
非常温度
SADT≦20℃
SADT−20℃
SADT−10℃
20℃<SADT≦35℃
SADT−15℃
SADT−10℃
SADT>35℃
SADT−10℃
SADT−5℃


●燃焼と爆発(爆燃・爆轟)
爆発とは圧力の急激な発生又は解放の結果、容器が破裂したり気体が急激に膨張して爆発音や破壊作用を伴う現象。
燃焼による爆発のうち、膨張速度(炎の伝播速度)が音速に達しないものを「爆燃」、膨張速度が音速を超えるものを「爆轟」と呼んで区別します。爆燃が衝撃波を伴わず、被害が比較的に軽微であるのに対し、爆轟は衝撃波を伴い、甚大な被害を及ぼします。

 

Copyright © 2009 JAPAN ORGANIC PEROXIDE ASSOCIATION. All Rights Reserved.