4)量の管理
各容器あたりの量および総量は、共に火災、あるいは分解による被害を最小にするために、きちんと管理しなければなりません。消防法の「危険物の規制に関する規則」にそれぞれの容器の種類ごとに内装/外装容器の最大収納容量が規定されています。必ず守るようにして下さい。ただ有機過酸化物はある条件下では、通常見られないような分解挙動を示す場合が多々あります。消防法では有機過酸化物は2類、4類及び5類という大きな分類の中でまとめた形で規定されていますが,船舶による輸送に関する「危険物船舶輸送及び貯蔵規則」では個々の有機過酸化物別に,最大収納量が決められています。こちらも是非参考にするようにして下さい。
作業現場への持ち込み数量は必要最低限の数量に限って下さい。ここでの数量管理を怠ると火災や分解の際に、低速分解からより高速分解への移行という可能性が出てきますし、貯蔵量が増すにつれ周囲や隣接する構造物に及ぼす危険度も当然大きくなります。

2.漏洩防止
漏れはいろいろなトラブルの元になります。考えられる危険性は
火災(ほとんどの非液状有機過酸化物は組成内に可燃性固体や非常に燃え易い液体を含有しています)。
  分解(温度上昇或いはコンタミによる反応)。
  希釈剤の蒸発(安全のために入っている希釈剤は室温でも蒸発し、濃縮され、危険性を増します)。
  作業員の有機過酸化物との接触(特にハイドロパーオキサイド類及びケトンパーオキサイド類は強い刺激性をもっています)。
漏れの処理段階で、好ましくない吸着剤を使用したり、誤った処理方法を取る事が起こり得るので、使用しているそれぞれの有機過酸化物に適した方法で処理して下さい。
社内での漏洩時の処理方法を規定する場合には、製造業者からのMSDSならびに技術資料を参考にして下さい。有機過酸化物を取り扱ったり、貯蔵したりするすべての所に、保護具、消火設備、吸収剤、希釈剤、防爆型の清掃用器具、その他の緊急時用の諸道具を用意しておかねばなりません。
漏洩した有機過酸化物を処理したものの取り扱い方法についての規定も作成しておく必要があります。他に、廃棄物による2次災害(コンタミや熱による分解)を防ぐための予防規定も定めて下さい。清掃後の廃棄物は現場や貯蔵庫には放置せず、後処理のために隔離し、早急な廃棄処理が必要です。決して密封容器中で保管する事のないように、また、その後の分解生成物が容器内に滞留しないよう、ガス抜き弁をつけた容器を使用して下さい。
 

Copyright © 2009 JAPAN ORGANIC PEROXIDE ASSOCIATION. All Rights Reserved.