有機過酸化物(5.2)の分類手順、試験方法ならびに判定基準

有機過酸化物に関しては「試験ならびに判定のためのマニュアル、PART U、20章自己反応性物質(4.1)および有機過酸化物(5.2)に関する分類手順、試験方法ならびに判定基準」に記載されています。 以下は有機過酸化物に関する部分の抜粋です。

20.1 目的
20.1.1 試験マニュアルPARTUは、自己反応性物質(4.1)および有機過酸化物(5.2)の分類のための国連方式を示したものである。これには、所轄の管理責任機関が輸送される危険物をその危険度に応じて適切に分類するのに必要とする情報を出すために最適と考えられた分類手順・試験方法・判定基準が記されている。
分類に際しては、20.4.2(4.1自己反応性物質)および20.4.3(5.2有機過酸化物) に示されている「分類の原則」および図.20.1の「フローチャート」をあわせ使用すること。
20.1.2 自己反応性物質と有機過酸化物はその危険性に応じて7つのタイプに分類される。これらの物質の分類のためのスキームが、図20.1に例示されている。
評価試験は2段階で行う。第1段階では、評価実験を行う実験者の安全を確保するための予備試験−少量サンプルによるその危険物の安定性および物理的感度を測定する。第2段階で、分類のための試験を行う。

20.2 適用範囲
20.2.2 以下に規定する以外の輸送に供される新規の有機過酸化物組成物には本章に定める分類手順が適用されなければならない。
a) 過酸化水素含有量1%未満のもので有機過酸化物由来の活性酸素量が1%未満のもの。
  b) 過酸化水素含有量が1〜7%で有機過酸化物由来の活性酸素量が0.5%未満のもの。
20.2.3 本条項でいう新規有機過酸化物とは輸出国の責任機関の定めによる以下のものが含まれる。
  c) Model Regulation 2.5.1に定義される新規有機過酸化物もしくは、既に分類されている有機過酸化物同士の混合物であるが、その特性が定められた分類のものとかなり異なると考えられるもの。
20.2.4 既に包括品名に割り当てられた有機過酸化物同士の混合物の場合、構成有機過酸化物のうちの最も危険なものと同じタイプに分類し、その分類の輸送要件下で輸送して良い。しかしながら混合物の場合、熱的に不安定性なものになる場合もあり、必ず混合物のSADTを測定しなければならない。その結果、必要な場合はSADTから導き出される管理温度、ならびに非常温度を確定しなければならない。
20.2.5 新規有機過酸化物組成物は輸送に供される前に、分類評価を行うこと。

20.3 予備評価手順
20.3.1 総則
大量のものを取り扱う前に、小スケールの予備試験を行う事は、実験者の安全を確保するためには絶対必要な事である。これには物理的刺激(衝撃及び摩擦)、熱、炎に対する物質の感度を判断するための試験が含まれる。
20.3.2 試験の種類
通常、安全性評価のために、以下の4種類の小スケールでの試験を行う。
a) 衝撃に対する感度評価のための落鎚感度試験。
b) 摩擦に対する感度評価のための摩擦あるいは衝撃摩擦感度試験。
c) 熱安定性ならびに発熱分解エネルギーを評価する試験。
d) 着火の影響を評価する試験。
20.3.3 試験方法の適用ヘつづく

 

Copyright © 2009 JAPAN ORGANIC PEROXIDE ASSOCIATION. All Rights Reserved.