d) 実験での評価で以下の結果を示す有機過酸化物組成物は最大単位梱包量が50kgを超えない荷姿で輸送できる。
 
i )
部分的に爆轟を起こすが爆燃は急速に伝播せず、密封加熱下で分解させた場合の影響が激しくないもの。
   
ii )
まったく爆轟せず、爆燃の伝播速度が穏やかで、密封加熱下での分解の影響が激しくないもの。
   
iii )
全く爆轟も爆燃もしないが、密封加熱下での分解の影響が中程度のもの。
(有機過酸化物Dと規定、図2.5.1の出口ボックスD)
  e) 実験での評価において、まったく爆轟もせず爆燃もせず、また密封加熱下での分解の影響も低いかあるいは無い場合は、梱包単位で400kg/ 450?までの荷姿で輸送できる。
(有機過酸化物Eと規定、図2.5.1の出口ボックスE)
  f) 実験の評価において、キャビテーション状態でも爆轟せず、爆燃も伝播せず、また、密封加熱下での分解の影響が低く、あるいは無く、爆発力も低く、あるいは無いものはIBC(中型容器)またはタンク(大型容器)で輸送できる。
(有機過酸化物Fと規定、図2.5.1の出口ボックスF)
  g) 実験の評価でキャビテーション状態でもまったく爆轟せず、爆燃もまったく伝播せず、また、密封加熱下での分解の影響も無く爆発力が無いものは、この有機過酸化物規制の対象外となる。ただし、熱的安定性の低いもの(50kg包装での自己発熱分解温度が60℃を超えないもの)および希釈剤A以外のものを使用した組成物のものは有機過酸化物Fとして規制される。

2.5.3.4 温度要件
2.5.3.4.1 
以下の有機過酸化物は輸送に当っては温度管理が必要となる。
a) SADTが50℃以下の有機過酸化物「B」及び「C」。
  b) 有機過酸化物「D」で、SADTが50℃以下で密封加熱での分解の影響が中程度のもの、もしくは密封加熱下での分解の影響が低い、あるいは無いがSADTが45℃以下のもの。
  c) SADTが45℃以下の有機過酸化物「E」及び「F」。
2.5.3.4.2 SADTの測定方法は「試験および判定基準PARTU、28章」に示されている。どの試験方法を選択するかは輸送包装の材質、大きさによって、適切と思われる方法による事。
2.5.3.4.3 引火性の測定は「試験および評価基準、PARTV、3.2.4」に示されている。有機過酸化物は高温下では激しく反応するため、たとえばISO3679で示されているような少量サンプルによる引火点測定を行った方が良い。

2.5.3.5 有機過酸化物の鈍感化
2.5.3.5.1 輸送中の安全を確保するため、有機過酸化物は通常、有機溶剤、固体、無機物あるいは水で鈍感化されている。有機過酸化物のパーセントが明記されている場合は、全体の中に含まれる有機過酸化物の量を示している。通常、「鈍感化」というのは、漏洩したり火災になった場合でも、有機過酸化物が危険な範囲まで濃縮されてしまうことがないことを言う。
2.5.3.5.2 それぞれの有機過酸化物に特に明記されていない限り、鈍感化のための希釈剤の定義は以下のとおりである。
a) 希釈剤Aとは、有機過酸化物と相和性のある、沸点が150℃以上の有機溶剤のことである。希釈剤Aは全ての有機過酸化物の鈍感剤として使用できる。
  b) 希釈剤Bとは、有機過酸化物と相和性のある有機溶剤で、沸点が150℃未満60℃以上で引火点が5℃以上のもの。適用する有機過酸化物の50kg荷姿でのSADTより少なくとも60℃以上高い沸点を持つ希釈剤Bは鈍感剤として使用できる。
2.5.3.5.3 2.5.3.2.4の表に記載されている有機過酸化物組成物に、相和性があれば、希釈剤A、B以外の希釈剤を加えてもかまわない。しかし希釈剤AあるいはBの一部または全部をこれらの別の溶剤で置き換える場合は、通常の手法(分類法)に基づいて新規組成物として再評価しなければならない。
2.5.3.5.4 水は、水湿物あるいは水への安定分散物として2.5.3.2.4のリストに記載されている有機過酸化物並びに2.5.3.2.5に基づく申請により認可された有機過酸化物の鈍感剤として使用できる。
2.5.3.5.5 有機過酸化物と相和性のある有機及び無機の固体も鈍感剤として使用できる。
2.5.3.5.6 相和性のある液体/固体とは、有機過酸化物組成物の熱安定性、危険性にまったく影響を及ぼさないものを言う。
 

Copyright © 2009 JAPAN ORGANIC PEROXIDE ASSOCIATION. All Rights Reserved.