有機過酸化物の構造ならびに添加剤(希釈剤)
による特性変化


有機過酸化物の特性は、その過酸化結合にありますが、有機過酸化物の「熱安定性」ならびに「化学的活性」を決定しているのは過酸化基に結合している有機グループで、その大きさや構造により大きく変わってきます。
また,有機過酸化物は、作業性,安全化、安定化等の目的で、添加剤(希釈剤)が加えられ、変性されている場合が多いですが,これらによっても有機過酸化物の安全性、分解挙動等の特性は大きく変わってきます。
我々は,有機過酸化物組成中における過酸化結合の濃度を示すものとして、「活性酸素量」という概念を使っています。これはそれぞれの過酸化結合は一つの活性酸素原子(−O−)を持っているとみなし,有機過酸化物中のこの活性酸素原子の割合を求めたもので具体的には以下で示されます。

活性酸素量(%)= 純度(%)×(過酸化結合の数×16)/分子量

活性酸素濃度という考え方は、各有機過酸化物組成物間の過酸化結合濃度の相対比較を行うのに非常に役立ちます。各有機過酸化物組成物から発生する遊離ラジカル数を判断する指針となり,また,その有機過酸化物組成物のエネルギー濃度に関係していますので、有機過酸化物の安全性(危険性)を判断するための1つの指標となります。
一般的にいうとエネルギー濃度は活性酸素濃度が上がるにつれて上がっていきます。つまり有機グループの分子量が大きくなればなるほどエネルギー濃度は下がってきますし、通常は危険性もより低くなるといえます。


 

Copyright © 2009 JAPAN ORGANIC PEROXIDE ASSOCIATION. All Rights Reserved.