3.廃棄物の処理

漏洩した有機過酸化物を回収および清掃した後の廃棄物は再使用してはなりません。
処理方法として最も一般的で推奨されるのが焼却処理です。他に加水分解法,メチルエチルケトンパーオキサイド(MEKP)用として,樹脂硬化法があります。

1)焼却処理
高沸点溶剤あるいは木粉に混ぜ込み,有機過酸化物濃度を10%以下もしくは活性酸素量1%以下の濃度まで希釈し,焼却炉で焼却処分します。
自社での処理にお困りの場合は、焼却処理をする外部業者も在りますので、有機過酸化物メーカーにご相談下さい。

2)加水分解法
あまり大量でない有機過酸化物の処理方法として、加水分解法があります。処理する有機過酸化物の10倍量の20%水酸化ナトリウム水溶液に有機過酸化物を攪拌しながら少量づつ添加し分解させる方法です。若干発熱はありますが、安全上の問題はありません。完全分解には12〜24時間掛かります。その後有機層を分離し、焼却処分して下さい。
※適用可能な有機過酸化物のタイプは以下です。 
ケトンパーオキサイド
ジアシルパーオキサイド
パーオキシジカーボネート

3)樹脂硬化法
不飽和ポリエステル樹脂の常温硬化剤として使用されているMEKPの処理方法として,樹脂に混ぜ込んで処理することも可能です。
金属容器に1/4以下の2液性不飽和ポリエステル樹脂を入れ,樹脂量の20%以下の量のMEKPを混ぜ込み,その後,樹脂と同量以上の水を注ぎ込みます。樹脂の反応性によって変わりますが,ガスを発生しながら20〜30分ほどで最高発熱温度に達します。冷却後は通常の産業廃棄物として処理してください。
発生ガスは引火性のガスの可能性がありますので,火気,着火源のないところで作業するようにして下さい。

 

 



Copyright © 2009 JAPAN ORGANIC PEROXIDE ASSOCIATION. All Rights Reserved.