有機過酸化物組成物の取り扱いのルールと
安全のためのガイドライン


有機過酸化物には非常に多くの種類があり、それぞれの有機過酸化物を安全に取り扱うためには、ラベル、製品カタログ、ならびにMSDSに記載されている特性および特別要件を読んで理解する事が重要です。
さらに、製造業者に取り扱いと貯蔵方法についての相談をして下さい。

1.輸送、取り扱い、あるいは貯蔵する場合の最も重要な4つの管理項目

温度  異物  密封性  量


1)温度管理

温度は最も重要なパラメーターです。 輸送であれ、取り扱い、あるいは貯蔵であれ、温度を自己促進分解温度(SADT)未満に保持できれば、ほとんどの危険を避ける事ができます。市販の有機過酸化物のSADTは−10℃から200℃の範囲内にあり、これはそれぞれの有機過酸化物の構造と荷姿によって決まってきます。
SADTとは製造業者より納入される包装容器に入った状態で、7日以内に自己促進分解を起こす(6℃以上の温度上昇)最低温度の事です。SADT以上の温度では有機過酸化物が分解して発生する熱量のほうが、周囲に逸散される熱量より大きくなり、時間とともに有機過酸化物の温度が上がり、それにつれて分解速度も速くなる、つまり、自己促進分解の状況を起こします。
「輸送」の場合、SADTが判断基準となります。

輸送のための最高温度は、管理温度(CT)として知られていますが、その有機過酸化物のSADTから導き出されるもので、以下の温度となります。
      CT=SADT-20℃(SADTが20℃以下の場合)
      CT=SADT-15℃(SADTが20℃を超え35℃以下の場合)
      CT=SADT-10℃(SADTが35℃を超え50℃以下の場合)
SADTが50℃を超えるものにはCTはありません。
CTは長時間にわたる輸送でも安全に輸送できる最高温度です。 
一方、「貯蔵」の場合、輸送に比べ、長時間にわたると考えなければなりません。
貯蔵温度については製造業者の指定温度を厳格に守ってください。
通常、貯蔵温度は、CTより低めの温度が設定されています。
有機過酸化物は、その速度が速いか遅いかの違いがあっても、何れにしても分解が起こり、純度の低下を引き起こします。つまり、安全のためというより、品質管理のために低めの貯蔵温度が好ましいからです。しかし、ある種の有機過酸化物組成物(特定の液状あるいはペースト状の有機過酸化物)の場合、ある温度以下になりますと、濁り、相分離、結晶析出、あるいは固化することがあります。これは安全上、非常に危険なことですので、その温度以下での貯蔵は避けなければなりません。
貯蔵温度はそれぞれの有機過酸化物のラベルや、技術資料に示されております。
また、緊急時の対応として、CTとSADTの間に緊急温度(ET)が決められています。 
冷凍設備にトラブルが発生し、補修が必要になった場合、あるいは代替の冷却剤、例えばドライアイスが到着するまでに、CT温度を超えてしまうような場合があるかも知れません。もし緊急温度まで上がってしまった場合は、直ちに次のステップ、つまり貯蔵設備の近くから、人を避難させ、そして、もし可能なら、有機過酸化物を冷却し、廃棄させなければなりません。
繰り返しになりますが、適正な温度管理を行う事が、分解の暴走反応を防止し、気相爆発を起こし得るガスやミストの発生を抑え、あるいは自動着火を防止する、また品質保持の点からも最も重要なポイントです。

 

Copyright © 2009 JAPAN ORGANIC PEROXIDE ASSOCIATION. All Rights Reserved.