2.5.3.2.3 小型包装容器で輸送ができる有機過酸化物は2.5.3.2.4(表省略)に示されている。また、IBC(中型容器)で輸送できる有機過酸化物は包装要件IBC520(省略)に、タンク(大型容器)で輸送できる有機過酸化物はポータブルタンク要件T23(省略)に示されている。これらの輸送可能な有機過酸化物にはそれぞれ危険物リストの包括品名エントリー(UN番号3101から3120まで)が割り当てられ、副次危険性並びにその他の規制事項が示されている。
包括品名エントリーには以下のことが記載されている。
   ・ 有機過酸化物のタイプ(BからF)
   ・ 物理的性状(液体又は固体)
   ・ 必要な場合の管理温度(2.5.3.4参照)
2.5.3.2.3.1 表に記載されている有機過酸化物同士の混合物の場合、そのタイプは、ほとんどの場合、最も危険な成分と同じタイプに分類され、その要件下(最大単位包装量・副表札・その他の規制事項等)で運送されることになるが、ひとつ注意を要することは、たとえ個々の有機過酸化物は常温安定性を示し、保冷輸送を必要としない場合でも、それらの混合物は必ずしも常温安定性を示すとは限らない。必ず混合物の自己促進分解温度(SADT)を測定しその結果に基づいた管理温度で輸送しなければならない。
2.5.3.2.4 現時点で輸送が認められている有機過酸化物の表中の包装様式コード (「OP1」から「OP8」)の具体的な内容は、包装要件P520に記載されている。輸送される有機過酸化物は附記されている運送要件、並びに管理温度、緊急温度(これらの温度はSADTから導き出されるもの)を順守しなければならない。IBC(中型容器)で輸送できるものについては、包装要件IBC520を、また、タンク(大型容器)で輸送できるものについては、ポータブルタンク要件T23を参照する事。
2.5.3.2.5 2.5.3.2.4項の表、包装要件IBC520、又はポータブルタンク要件T23に記載されていない有機過酸化物の分類および包括品名エントリーへの割り当ては、出荷する国の許認可を行っている諸機関が、テスト報告に基づいて決定する。タイプ分類を行うための基本原則は、2.5.3.3に、また具体的な分類のための手順、テスト方法、評価基準、ならびに具体例は「テストおよび判定基準のマニュアル」PartUに示されている。認可証には分類結果(UN番号)および輸送条件が明記されていなければならない。
2.5.3.2.5.1 2.5.3.2.4の表に記載されていない新規の有機過酸化物あるいは新規組成物で、テストデータが不十分である品物で、さらなるテストあるいは評価のために輸送が必要なものについては、以下の条件を満たしておれば「有機過酸化物C」に割り当てられる。
   @ 手持ちのデータから有機過酸化物Bより危険でない事が解ること。
   A 包装要件OP2で、輸送量が10kg以下。
   B 熱分解あるいは相分離による危険性を防ぐことができる管理温度が示されていること。

2.5.3.3 有機過酸化物分類の原則
注:本章は有機過酸化物の分類に必要な特性を評価するためだけのものである。
図2.5.1に評価のためのフローチャートが示されている。テスト方法および評価基準についての詳細は「評価方法および判定基準、PartU」に記載されている。

2.5.3.3.1 実験室の試験において、「爆轟する」、「急速に爆燃する」、あるいは「密封加熱下で分解させた場合の影響が激しい」有機過酸化物組成物は、爆発性を有するとみなされる。
2.5.3.3.2 2.5.3.2.4の表に記載されていない有機過酸化物組成物の分類には以下の原則を適用する。
a) 輸送するための荷姿で爆轟あるいは急速に爆燃するものは、その荷姿で危険区分5.2として輸送する事はできない。
(有機過酸化物Aと規定、図2.5.1の出口ボックスA)。
  b) 爆発性を有する有機過酸化物組成物で、その輸送する荷姿では、爆轟も爆燃急速伝播性も示さないが、熱爆発を起こし得る場合は、“爆発性”の副標札(様式1.5.2.2.2.2参照)を付けなければならない。また、単位包装量は、25kg以下で爆轟や爆燃急速伝播を起こさない量にしなければならない。
(有機過酸化物Bと規定、図2.5.1の出口ボックスB)
  c) 爆発性を有する有機過酸化物組成物で、その荷姿(最大単位包装量50kg)では爆轟しない、爆燃の伝播速度が急速でない、あるいは熱爆性を示さない有機過酸化物は「爆発性」の副標札無しで輸送できる。
(有機過酸化物Cと規定、図2.5.1の出口ボックスC)
  d) へ続く
 

Copyright © 2009 JAPAN ORGANIC PEROXIDE ASSOCIATION. All Rights Reserved.